出会った言葉

「何度も乗り遅れ一気に目的地」内館牧子(2017年1月24日朝日新聞)
 私が稀勢の里の年齢のこ頃、何もかもうまくいかなかった。一方で、同世代の人たちは次々とチャンスを手にし、先へと走り去った。私は当時、会社員であったが、何かの挨拶だったか談話で会ったかで、社長が「バスがだめなら飛行機があるさ」と言ったのである。目がさめた。
 そうか、何台ものバスに乗り遅れようと飛行機があるわ。飛行機が来た時乗り遅れないように準備をしよう。そうよ、飛行機なら乗り遅れたバスより早く、目的地に着くわ。
 そう思った時、どれほど気が楽になり、焦りが消え、力が湧いたことだろう。
 私は毎回毎回うまくいかない稀勢の里を見ながら心の中で語りかけていた。
 「ダーイジョブ! ダイジョブ! バスがだめなら飛行機があるんだから」
 そして2017年初場所、稀勢の里の前に飛行機が来た。何台ものバスに乗り遅れた彼は、その間もくさらず鍛錬し、年間最多勝利をあげるなど、他を圧倒する地力をつけていた。
 飛行機はそんな稀勢の里を乗せ、「第72代横綱」という目的地に一気に着いた。
カーネル・サンダースの言葉(天声人語・2017年1月7日)
 フライドチキンを世に知らしめたカーネル・サンダースは65歳のころ一文なしだった。車掌、機関士、保険セールスなどどれも長続きせず、給油所は倒産、カフェは焼失した。65歳を過ぎて自慢のチキン調理法を教える商売を始め、大当たりした。「65歳までに手に入れたことを結集すれば新しいスタートが切れる」。90歳で亡くなるまで働き続けた彼の言葉だ。「さび付くよりすり切れる方がましだよ。じっとしていてさび付くより身を粉にしている方が好きなんだ」。
「自分の中でちょっとだけ頑張る」イチロー(2016年12月31日朝日新聞)
 毎オフ、イチローには欠かさないイベントがある。故郷の愛知県豊山町である「イチロー杯争奪学童軟式野球大会」での大会長としての閉会式のあいさつだ。
 12月23日、子供たちを前に、野球がうまくなるための心構えを語った。
 「人の2倍とか3倍、頑張るなんてことはできない。だから、自分の中で(限界よりも)ちょとだけ頑張るというのを重ねて欲しい。僕も米国で3千本も打てるなんて想像はできなかった。でも、それを重ねてきたことで、僕は今現在に至ると実感しています。この言葉を皆に伝えたいと思っています。
不運と思うな(大人の流儀6)伊集院静
「若い人に伝えたいことは、と聞かれたらこう答えます。つらく苦しい状況のなかに、いかに多くの時間、身を置いたか、それが君を成長させるんだと。若い人には申し訳ないですけれど、苦しい時間は大人になるための必須条件なんだ。」
「耐雪梅花麗」黒田博樹投手(2016年7月24日 河北新報 時の人)
 日米通算200勝を達成したプロ野球広島の黒田博樹さん(41歳)の、座右の銘は「耐雪梅花麗(雪に耐えて梅花麗し)」。西郷隆盛の漢詩の一節で、出会ったのは高校時代。「結果が出ず苦しく、気持ち的に少しでもすがりたい時期だった。(今も)苦しい時期の方が多い。その時に多少なりとも苦しい気持ちを和らげてくれる言葉」と大切にしている。
「世界最高齢の大学卒業」がギネス認定された 平田繁美さん(96)(2016年6月4日 朝日新聞 ひと欄)
 96歳と200日で京都造形芸術大通信教育部の陶芸コースを3月に卒業した。最高齢での大学卒業。「長生きしたから卒業も記録になる」と喜ぶ。
 「いい事、悪い事、全部人生の財産になる。背伸びをちょっとだけして楽しむ方がいい」
100歳の風車(鈴木桂 ティータイム 河北新報2016年3月20日)
 亘理町に住む筆者、長兄がこの震災で同じ亘理町の沿岸部で犠牲になった。幸い同居していたお母さんは助かった。そのお母さんが筆者を含め3人の子供たちのところを(同じ町内に在住)3カ月ごと避難先にしている。そのちょっと認知症のお母さんが「今日はどごさ行くの。私は風車だ。あっちこっちと回される」
時の人「被災者癒す演奏求め 高橋明さん」(河北新報2016年3月14日)
定年を前に音楽大へ進学する東北大病院教授 高橋明さん
 復興が進んでも、心に傷を残したまま取り残される被災者。危機感を胸に、習い始めたチェロを携え、その傷を癒すための演奏会を開き、地震の体験も打ち明けた。
 活動を続ける中で思いは募り、洗足学園音楽大学を受験、合格した。「立派な演奏家になりたいわけじゃない。脳を学んだからこそ音楽はなぜ人を魅了するのかを解明してみたい」。
スポーツというレンズがあったから(朝日新聞2016年2月27日)西村欣也
 超一流アスリートを取材して生き方を教わることがある。例えばイチローと松井秀喜だ。全く違う個性の二人から同じ言葉を聞いたことがある。イチローが首位打者争いをしていた時、ライバルのその日の成績を伝えた。彼の言葉は「愚問ですね。彼の打率は僕にはコントロールできませんから」。
 松井はヤンキース1年目、出だしでつまずいた。成績があがらない。ニューヨークのメディアは厳しい。「気にならないか」と松井に聞いた。「気にならないですよ。だって彼らの書く物は僕にコントロールできないもの」
 つまり、自分にコントロールできることとできないことを分ける。コントロールできないことに関心を持たない。これは日常生活にも採り入れられる生き方だと思った。
「歌人は黙っていない」(出会った言葉 、河北新報2016年1月31日)
歌壇時評(歌人加藤治郎)
 永田和宏は、講演で「民衆から言葉が奪われてゆく四つのステップ」を説明した。@言論抑圧A自粛というう形の委縮B言葉に対する脱感作、不感症の誘導C抵抗できないオールマイティーの言葉が民衆を追いたてるーであるという。かつては「非国民」、現在なら「国益」だ。永田は、言葉の状況が危ういことを明言した。歌人は黙っていない。
残りの人生の最初の日(落合恵子、角を曲がって言葉に出会う、河北新報2016年1月12日 )
今日という日は、あなたの残りの人生の、最初の1日。(TODAY IS THE FIRST DAY OF THE REST OF YOUR LIFE)( チャールズ・エドウィン・ディードリッヒ 1913〜1997)
欽ちゃんのドンと生きてみよう(河北新報2016年1月3日)
70代で大学生に 萩本欽一さんに聞く
「年を取るとせっかく覚えたことも忘れてしまうけど、それにおびえず、大学に入って勉強して、頭の中にどんどん詰め込んでいこう。引き算になるなら、足し算をすればいい。僕は「老人」という言葉は嫌い。だったら「年寄り」の方がいい。年は寄ってくるもの。寄ってきたものはよければいいと思ったんだ。」
立川談志の言葉(「赤めだか」立川談春著 扶桑社文庫P123より)(2015年12月30日)
翌日、ボク(談春)はイエモト(談志)と二人きりになった。突然イエモト(談志)が、「お前に嫉妬とは何かを教えてやる」といった。
己が努力、行動を起こさずに対象となる人間の弱みを口であげつらって、自分のレベルまで下げる行為、これを嫉妬と云うんです。一緒になって同意してくれる仲間がいれば更に自分は安定する。本来なら相手に並び、抜くための行動、生活を送ればそれで解決するんだ。しかし人間はなかなかそれができない。嫉妬している方が楽だからな。芸人なんぞそういう輩の固まりみたいなもんだ。だがそんなことで状況は何も変わらない。よく覚えとけ。現実は正解なんだ。時代が悪いの、世の中がおかしいといったところで仕方ない。現実は事実だ。そして現状を理解、分析してみろ。そこにはきっと、何故そうなったかという原因があるんだ。現状を認識して把握したら処理すればいいんだ。その行動を起こせない奴をおれの基準で馬鹿と云う」
渡辺和子さんの言葉(著書「面倒だから、しよう」より、ページ111)
自分の心の痛みを癒すためには、まずは、「思いを断ち切ること」が大切です。いつまでも傷にこだわっていると、その間、私は相手の支配下にあります。人間ですから、きれいに断ち切ることは不可能です。しかし、許すことで、相手の束縛から自由になれるのです。」 2015年12月16日
小倉清一郎さんの言葉(2015年8月10日朝日新聞より)
練習は永遠 喜びは一瞬(甲子園2015年観戦記)
室井摩耶子さんの言葉(NHKためしてガッテン 冬Vol.21、88p)より
「人生いいことも悪いことも、経験したことはみんな”ずだ袋”にほうり込んでおくの。ここに入れるものは一切えり好みはしない。時が過ぎると、その経験が発酵して味が出てくる。年月を重ねることで、ピカピカに光った宝物になるの」
 このずだ袋の中で静かに発酵した知恵や見識は、楽譜の中に秘められた思いを見つけるためのヒントを与えてくれる。そして、どんな経験も決して無駄ではないことに気づかされる。人には各々のずだ袋があり、その中身はみな違うのだから、違う考え、違う行動があって当然。だから、他人と比べても仕方がない。ピアノも人生も力みは禁物。そう思えるからこそ、自分の思いに夢中になれるのかもしれない。
「音楽と心ゆくまで対話をしたい。最後の贅沢ですもの」とほほえむ室井さん。まだまだ成長途中。発見を見つけるたびは続いていく。
「舟を編む」 三浦しをん(著)(2013年4月14日読む) 光文社
 MOVIXで映画をみて、その足で購入して、一気に読んだ。辞書づくりの気の遠くなる話、その舞台裏を興味深く楽しめた。「「右」をどう説明しますか」映画の中で出てきた一場面、そういえばどう説明するのかな?。辞書をつくるということは、当たり前に分かっていることを言葉で説明しなければならないのだ。変に感心した。
「たくさんの言葉を、可能な限り正確に集めることは、歪みの少ない鏡を手に入れることだ。歪みが少なければ少ないほど、そこに心を映して相手にさしだしたとき、気持ちや考えが深くはっきりと伝わる。一緒に鏡を覗き込んで、笑ったり泣いたり怒ったりできる。
 辞書を作るって、案外楽しくて大事な仕事なのかもしれない。」P186
朝日新聞(平成25年4月7日)The GLOBE Breakthrough 「 いっこく堂」のことばより
 来年は、どうなるんだろう?常に不安はある。「たとえ波が去ったとしても、準備をしている人間には、きっとまた波がやってくる」。
「孤独力」
 「あの人に頼むと話が早い」と思ったときほど、逆に、その人に頼らないのがモットーだ。人に頼ろうとすれば、期待を裏切られたときに不満やねたみを覚える。腹話術を始めた時も、誰にもアドバイスを求めなかった。「形ができる前に他人の意見を受け入れると、他人の腹話術になってしまう。苦しくても、自分で何とかしようとする力が「大事だと思う」
「回復力」
 「前向きなんです。今は失敗に見えても、10年後には、「よかった」と思えることもある。役者を夢見て失敗したことも、言葉で傷つけられたことも、すべて芸の役に立っている」
 さすが、一流は違うな。49歳で確固たる人生観を持っている。私は今の歳(古希直前)でやっと、「いっこく堂」さんの言葉を身にしみて感じられる。
「50歳からの満足生活」
「50歳からのひとり時間」 三津田冨佐子著 三笠書房(2009年12月13日読む)
 94歳の著者の、1人暮らしの極意を書いたものだ。新聞への投稿好きで、新しい事を学ぶのが大好き、また、歩き回るのが大好きという、この上ない、意欲的な生き方をしている方の、毎日を充実して生活していく為のメッセ−ジである。
 「人生を1日でも長く生きている人ほど偉いと、私は思う。だから私は、年をとるのは素晴らしいことだと思っている。今日よりも明日のほうがもっと利口になっているわけだから、私はそれが楽しみである」
「般若心経入門」 松原泰道著 祥伝社
「般若心経の読み方」 ひろさちや著 日本実業出版社
「生きて死ぬ智慧」 柳澤桂子 堀文子著  小学館    2001年11月19日読む
 母が昨年(平成20年5月2日)亡くなってから、毎朝仏壇に向かって、般若心経を唱えている。そんなことを、今年社長であるご主人を亡くしたお得意さんところで話したところ、その奥さんも毎朝「般若心経」を唱えており、いつのまにか覚えてしまったとのことだった。
 私は、そのときまだ覚えるまでには至っていなかった。よし覚えてやろうと思い、この3冊の本を読み、「般若心経」の言わんとしているところをおおまかにつかみ、暗誦に努めた。
 「般若心経」のコピーをポケットにいれ、歩いているときや、地下鉄に乗っているときにぶつぶつ唱えていたら、1ヶ月位かかってようやく覚えることができた。
 くさくさするとき、疲れたとき、心が不安定なとき、等々折を見ては唱えると、なにやら心の平穏が保たれるような気がする。やはり、仏様の加護であろうか。暗誦という、目標達成によりいまちょっと生きがいを見失い、次の目標を模索しているところだ。
「雅子さまと「新型うつ」」 香山リカ著 朝日新書 2009年10月12日読む
 筆者は精神科医で数多くのベストセラーを出し続けている。精神科医は現代文明病に向き合っているから、優れて文明批評家として発言し続けることができるのであろう。
 今回は、雅子さまをモデルにして、新たな国民病としての「新型うつ」について語っている。 
「新型うつ」の特徴は
  @旧来のうつ病が口にする自責の念が見られないこと
  A時間をかけてもなかなか回復しない
  B仕事や学業など自分の本業といえる場で悪化して、趣味やスポーツなどプライベ- ト時間や場所ではそれが軽快する、という一定の法則をもつ。
  C新型うつの患者の行動は「周囲の否定的な反応、感情を引き出してしまう」
 1990年代後半からの、競争市場主義下の職場の変化により労働環境が悪化し、労働者の身体と心を蝕み続けてきて、うつ病が増加している。それが普通の「うつ」でなく新型である理由は個人の意識の変化によると分析する。規範意識の低下、働く目的を「仕事を通して自己実現の達成」と考えるので、「自己実現に結びつかない仕事をするのは価値がない」と思ってしまう。
 筆者の「新型うつ」に対する処方箋は、働くことへの意識を変えることをすすめる。「新型うつの人たちに必要なのは、まず、「私はそれほどできるわけじゃない」と自己イメージを修正すること、そして「たとえ自分のイメージとは違っていても、とにかく仕事には復帰したほうがよい」と働くことへの意識を変えることなのだ。「仕事は自己実現のためにするもの。仕事で自分らしさが発揮できないなら、働かないほうがよい」という考え方から自由になれば、新型うつの人たちが復職できる日は遠からずやってくるはずだ。」     
「定年。このすばらしい人生」  長谷川正人著 本の泉社 2009年6月18日読む
 著者は、大学時代同じ寮(東北大の有朋寮)で寝食を共にした、先輩である。東京で新聞記者をしていたが、定年と同時に奈良に2年間移り住み、仏像の鑑賞三昧をし、その後名取にきて、現在は尺八とお茶の稽古に励んでいる。
 その、定年後の生活について、生き方の、現在進行形の経過報告である。緻密な計画、実行力、はもちろんとして、そのような行動に駆り立てた「旺盛な好奇心」がなによりも定年後の生活を充実させる武器であることがわかる。
 定年からの生活の為の心構えとして、筆者が提唱するものは以下のとおりである。
  基本テーマ  生きる目標をはっきり定めること
  ・第一の柱 趣味など熱中できることをもつこと
  ・第二の柱 近所付き合いは一生のもの。いとわないこと
  ・第三の柱 視野を広く持つために社会活動に参加する
  ・第四の柱 家族の理解と協力があってこそ
  ・第五の柱 健康はすべての土台。健康増進や維持に努める 
「人間の覚悟」 五木寛之著 新潮新書  2009年2月28日読む
 今では、小説家というより、現代の大衆啓蒙家ともいうべき五木氏が、現在の末世にも近い世相においての生き方の指針を示した啓蒙書である。
 下り坂の日本に生活している人々に、生きるうえでの、覚悟を説いている。国家を愛しても、国家など当てになるものではないと覚悟をきめなさい。とにかく、何をしなくても、今生きて在ることが、最大の価値なのだと、説いている。
 「一日生きるだけでものすごいことをしている。人は生きているだけで偉大なことなのだと思います。その人が貧しくて無名で、生き甲斐がないように思えても、1日、1ヶ月、1年、もし30年も生きたとすれば、それだけでものすごい重みがあるのです。」
 「生きることの大変さと儚さを胸に、この1日1日を感謝して生きていくしかない。そう覚悟しているのです。」
グローバル恐慌 浜矩子著 岩波新書 (2009年1月31日読む)
 ついにタイトルに「恐慌」が登場した。日に日に露わになる事態が、もはや「危機」などという範疇を超えたのだ。この世界的大不況を前にして、毎月新しい書物が出版されている。今まで「サブプラムロ−ン問題とは何か」(春山昇華著)、「すべての経済はバブルに通じる」(小幡績著)などを読んできたが、この「恐慌」がまさしく今の事態にふさわしい「書名」だ。
 現在の事態は、「債権の証券化」という手法により、全世界的にばらまかれた「信用膨張と信用リスク」が、顕わになった「債権の紙切れ化」によって「信用の大収縮とそれに伴う経済活動全体の急速な縮減」により大不況「21世紀型グローバル恐慌」がもたらされたのだ。
 この「21世紀型グローバル恐慌」の特徴は@世界的同時多発性。Aモノとカネの決別状態から生じたが、モノの世界に信用収縮を生じさせている。B恐慌はおきないのではといわれていた管理通貨制度化でおこった。
 この恐慌から脱するのには、10年位かかるのではと、筆者は予測する。そして現在進行形の現在の事態はどのように推移していくのであろうか。現状に対する視点を次の4点に絞っている。
 @「しのびよる保護主義の靴音が聞こえる」ので「通貨協調に向けての早目の合意」を目指すべきA今回の恐慌が、モノとカネとの決別状態から生じたが、カネに対する規制の整備および新しいモノとカネの再結合についての模索。Bグローバル時代の資本の無国籍化により、労働者は分断され、投資ファンドのような擬似資本家が厳しい合理化を要請している。Cグローバル時代には、国際基軸通貨の概念はなじまなくなり「地域通貨」の時代になるのでは
 ともかく、未曾有の時代に立ち会っている我々にとって、この事態の行く末は我々の生き方に直結しており、日々新しい経験の連続だ。
「一日一生」 天台宗大阿闍梨 酒井雄哉著 朝日新書 2009年1月10日読む
 母が昨年亡くなってから、毎朝仏壇に手を合わせ、般若心経を唱えている。そのような、生活を送っているので、思わず書店に平積みされているこの本の帯「現代の”生き仏”大阿闍梨からのメッセージ」に目がいって買ってきた。
 本書は、朝日新聞のコラムに書かれた法話集のようなもの。書名どおり「一日が一生と思って生きる」「明日はまた新しい人生が生れてくる」だから「いま自分がやっていることを一生懸命、忠実にやることが一番いいんじゃないのかな。」というのが、大阿闍梨からのメッセージだ。
一生懸命って素敵なこと (林文子著) 草思社 (2008年6月8日読む)
失礼ながらその売り方ではモノは売れません (林文子著) 亜紀書房
 NHK土曜ドラマ「トップセールス」が5月31日におわった。車のセールスマンである主人公が織り成す人生模様を毎回楽しみにして見ていた。このドラマのモデルが林文子氏だ。以前「朝日新聞」にも登場したし、ダイエーの代表取締役にも就任した。
 この人の仕事に向き合う姿勢が、全編にみなぎっている。とにかく楽天的で、一生懸命がモットーの人である。
 「ただ最後はいつも、結局人に助けられた。さまざまな困難を乗り越えて成功してきたという思いが強い。今だって苦しいことは山のようにあるが、必ず乗り越えられると信じている。過去の自分の経験の積み重ねが、私に自信や度胸を与えてくれている。誰かから請われ、望まれることに感謝し、精いっぱい応えようと努力しつづけてきた生き方に、まちがいはないと信じている。」
「なげださない」  鎌田實著 鰹W英社発行  (2008年5月6日読む)
 家内がこの間、鎌田實先生の講演を聞きに行き、その際買ってきたのが表題の書籍だ。母が5月2日に亡くなり、喪失感で一杯になっているとき、思わず手が伸びた。そこには、非常にピンチな状況にいる人たちの10話が載っていた。
 いづれも、自分のありのままの姿を、さらすことによって、さらした自分も励まされ生きる勇気がわいてくる話だ。作者の巻頭の言葉がこの本の全てを物語っている。
「ちょっとしんどいと、親がこどもをなげだし、
 子どもは老いた親をなげだし、
 メーカーも商社も信用をなげだしてしまう。
 ちょっとつらいと、勤め人は会社をなげだし、
 国のリーダーまでもが、この国をなげだした。

 困難のなか、なげださずに、ていねいに
 生き抜く人たちを書きたいと思った。
 いのちの底力を、伝えたい。」
「老いを照らす」  瀬戸内寂聴(著) 朝日新書
 この頃書店に行くと、目につくのは、定年後の生き方とか、老人について書いた本だ。
出版社も大量の団塊の世代がリタイアする時代なので、「定年」とか「老人」とかをタイトルにした本を入れ替わり立ち代り出版する。そのたびに、またかと思いながらも、ついつい買ってきてしまう。
 この本も、老いに向かっての心構えや生き方について、著者の講演をもとにして書いた本だ。著者の波乱に満ちた生きようを反映して、なかなか面白く一気に読ませる。
 著者は言う。「新しいことに挑戦すること、おしゃれや恋を忘れないこと。このような気構えで生きれば、老いることは決して怖れることではありません。年をとるということは、何しろ人より経験がある、過ぎ去った日々に味わった経験を反芻して考えるだけでも、やはり若死にした人よりは豊かな生を生きていることになります。
 老いることに誇りを持ちましょう。そうすればきっと美しく老いて死ぬことができますよ。 」(2008年2月10日)


戻る