民事信託(家族信託)

民事信託という手法で、財産管理ができるということを聞いたのですが、どのような制度なのでしょうか。(2015年11月27日)
 平成19年9月30日から施行された新信託法で、認められた信託の手法で、営利を目的とせず、特定のひとから単発的に、受託できるようになった信託で「民事信託」と称されます。従来の信託は、「商事信託」で、信託銀行等が、不特定多数の人から、営業として、反復継続して信託を引き受けており、信託の免許をもつ者のみが業とし営んできました。
 信託というのは、「信じて託す」ということで、自己の財産を、一定の目的を定めて、特定の人(法人を含む)に移転し、その財産の管理、運用、処分等を任せる制度で、民事信託は、家族間でも利用できる制度なので財産管理、事業承継、相続対策等に利用できます。


戻る