業務日誌

2013年12月23日
今年最高額の不動産取引
 12月半ばに今年最高額の不動産の売買取引があった。売買価額は総額4億750万であり、4億円の融資が実行された。移転登記の登録免許税は1000万を超えるものであった。売り主側担当者4名、買主側2名、融資金融機関担当者2名、仲介業者2名が、某銀行に集まり、決済がなされた。売買及び融資の額の多寡にかかわらず、我々のやるべき仕事の内容に変わりはない。しかし、やはり、金額が億を超すと、それなりに緊張する。我が宮城県司法書士会で用意している、業務保険の保障最高額は、2億5千万であり、今回の取引の額には及ばない。この頃、保険金の保障額をカバーできない取引に、しばしば立ち会う機会が多くなっている。それだけ、当事務所を信頼して高額の取引を依頼していただけるようになったということでうれしい限りであるが、それなりに、仕事に対する責任の重さに気を引き締めて仕事をしなければと痛感しております。
2013年09月26日
拘置所での本人確認
  拘置所にいる方が登記義務者である登記の依頼を受けた。権利書がないとのことなので、本人確認情報作成のためご本人に会いにいったのだ。丁度弁護士さんが、接見するというので、その機会に本人確認をさせてもらった。面会する前に金属探知機のゲートを通ったところ、4回も反応音を鳴らしてしまった。最初はベルト、次は車のキイ、さらに印鑑のケース、最後は小銭入れと、日頃身につけているものすべてに反応されてしまった。
 面会室に入ると、テレビなどで、見る通りのつくりになっていた。透明なガラス越しに話をして、無事本人確認をすることができた。
2013年08月29日
 ホームページ作成ソフトの件
 WindowsXPを来年には、メーカーが保障しなくなるというので、Windows7にアップした。ところが、このホームペジ作成ソフトがWindows7に対応していないとのことで、このホームページを更新するのに、いろいろとトラブッタ。試行錯誤あちこちをいじっていたらやっと、なんとか解決し新しい画面をお届けすることができるようになりほっとした。
2013年01月01日
あけましておめでとうございます。
 昨年は、震災後のよく年ということで、相続登記の仕事が多かったなあというのが実感でした。津波によって、ご両親がともに亡くなった、姉が幼い娘とともに亡くなった等々、あの日がなければ、今も元気に暮らしていたはずであった方々の手続きをすることになったことに世の無常を感じざるをえない毎日でした。
 その一方、復興に向かって法人設立の数が例年より多かったのも事実です。人間の営みは、絶えることなく続くということも実感し明日に向かって、めげづに進まなければという思いも強くしました。
 暮れの総選挙、改憲勢力が大勝しがっくりです。いよいよ9条があぶない。戦争で、父を亡くした、わが身にとってこの国の行く末に空恐ろしいものを感じた年の瀬でした。自分にできることをひとつでもして、「戦争をする国」への道に待ったをかけたいという思いも強くしました。
 今年も、内外ともに波乱含みの年になるものと予感致します。悲観と楽観のはざまを行きつ戻りつすることもあるでしょうが、あくまでも平常心を失うことなく、今年も淡々と進みたいと思っておりますので、本年もよろしくお願いいたします。
                                                               2013年元旦
2012年11月01日
弁護士会との懇談会
 毎年、今頃の時期に、弁護士会と司法書士会の執行部同士の情報交換の場として懇談会が持たれる。今年も昨日弁護士会館で開催された。テーマは、ADR、二重ローン減免制度等であった。懇談会後、一番町にて懇親会にて、さらに議題なしの情報交換を行った。、


戻る
前へ
次へ